Trend

『人・デザイン・空間』#2.フランチェスコ・リストリ&錦織杏奈

MUSE DESIGN AWARDS2022でGOLDを獲得したカンデオホテルズ京都烏丸六角。その内装デザインを手掛けるなど、若手デザイナーとして着実に実力と実践をつけているフランチェスコ・リストリと錦織杏奈。

今回はカンデオホテルズ京都烏丸六角のdesignを中心にdesignに興味を持ったきっかけやプライベートに至るまで多角的に掘り下げてみました。

※「フランチェスコ・リストリ」以下「フランチェスコ」、「錦織杏奈」以下「錦織」

 ◆先ずは、お二人のバックグラウンドについて教えてください。

フランチェスコ)フィレンツェ大学にて建築を学びました。卒業後はイタリアで住宅やリテールの設計、歴史的建造物の修復に数多く携わりましたね。その中で、新築設計にも興味が湧きはじめイタリア同様、歴史的建築物が多くの存在する日本で建築に携わりたいと考え。一念発起、日本に移住することを決めました。

錦織)元々は土木工学を専攻していました。が、英国の”TATE MODERN”に出会ったことをきかっけに歴史的建造物のリノベーションに興味を持ちました。そこで、イギリスでインテリアデザインを学ぶことにしました。

◆GARDE入社後に手掛けられた物件について教えてください。

フランチェスコ)2014年の来日後はMetLife東京ガーデンテラス・オリナスタワー、カンデオホテルズ京都烏丸六角、Kosugi 3rd Avenue武蔵小杉、HOTEL ARU KYOTO三条木屋町など日本国内やアジアのオフィス、ホスピタリティー、レジデンシャル、商業施設、百貨店など幅広いジャンルのプロジェクトに参加しています。現在は、オフィスデザインを中心にデザインをしています。

 錦織)入社後は、ホテル、リテール、フードホールなど様々なジャンルのインテリアデザインを手掛けました。例えば、セルリアンタワー東急ホテル、カンデオホテルズ京都烏丸六角、US HOTELなどホスピタリティデザインを中心に様々な物件のデザインを担当しています。

◆カンデオホテルズ京都烏丸六角のdesignを手掛けるにあたり、心掛けたことは?

フランチェスコ)京都は良い意味で町内会のアイデンティティーや繋がりが強く、そこでコミュニティーが形成されている、文化が育まれていると感じました。それはとても貴重で継続していくものだと思いましたので、周囲の方々との調和を図りながら、ホテルのデザインが優しく町に溶け込むように努めました。

錦織)最初に見学した町家はとても暗かったのですが、ラウンジと言う性質上、お客様をお出迎えする場所として、誰もが入りたくなる明るい空間作りを心掛けました。一方で、歴史的建造物ということもあり梁に穴を空けてはいけないなどの、デザインを行う上で難しい規制が多くありました。そんな中で「カンデオらしさ」とどう融合していくか、デザインでどう表現していくかを考えながら作業を行いました。

◆インスピレーションを受けたコト、モノは?

フランチェスコ)カンデオホテルと言えば、女性らしさがデザインの鍵だと思います。そのため、女性らしい色味を始めとし、柔らかくて上品なイメージが伝わる最良な素材をピックアップし、それを嫌味なく上手にデザインに取り入れることに務めました。

錦織)「カンデオらしさ」のコンセプトが「煌びやか」だったため、「煌びやか」の象徴としてジュエリーなどからインスピレーションを受けました。

◆designのポイント、ここは絶対に見て欲しいというところは?

フランチェスコ)中庭は、歴史溢れる町家の香りと、優しくてモダンなデザイン性を持つ新棟が融合するポイントで且つ、カンデオホテルズ京都烏丸六角においても魅力的なスポットと言えます。是非、見て感じて欲しいですね。

錦織)現在BARとして使われている部屋の構造がおもしろいので、是非見て欲しいですね。

◆MUSE DESIGN AWARDSなどデザインアワードの受賞を通し、デザインが高いで評価を受けています。評価されたと思うポイントは?

フランチェスコ)歴史溢れる建造物と新たな建造物との優しい溶け込みが評価のポイントになっているのではないかと考えています。

錦織)町家自体の歴史的価値とそれを活かした新棟とのつながりを持った新旧が融合したデザインがポイントだと思います。

◆カンデオホテルズ京都烏丸六角のdesignを通し実になったことは?

フランチェスコ)使用目的によっては、手付かず傾向にある歴史的建造物と現代の建造物を融合させ全く新しい建造物に生まれ変わらせるというプロジェクトに携わることができたことは、とても刺激的で、今後のデザインにおいて素晴らしい経験になったと考えています。

錦織)今まで経験した建物よりも規制が多かったので、自分の思い描くデザインをどう形にしていくのか考えることは、とても勉強になりました。具体的には、建築物について事前に調べて「見せる場所」を考えながらデザインしたことがあげられますね。

◆また、それを今後のdesignにおいてどの様に活かしていきたいですか?

フランチェスコ)今後のプロジェクトでもこのように、周りの歴史やコミュニティーに配慮した上でデザインしていきたいと思います。それは、新規物件、改装、改修に関わらず、既にその場所で育まれてきた歴史や文化、昔からある周囲とのつながりを大切にしながら、次世代に伝えるのが建築家/デザイナーの仕事だと考えているので…。

錦織)デザインする際、実際の施工方法や綺麗な収まりを考えながら設計することですね。

◆今後、携わりたい、やってみたいデザインやプロジェクト、(国内外どちらでも)は?

フランチェスコ)今回の経験をベースに、履歴的建造物を現代の技術や方法を最大限活用し、オフィス環境として生まれ変わらせたい?改修?したいと思っています。

錦織)機会があれば、再び履歴的建造物のリノベーションをデザインしてみたいです。

 

ここからはプライベートについて・・・

◆納品間近は結構、スケジュールがハードになるかと思います。そんな時でも自分を失わないために行っていることなどありますか?

フランチェスコ)特別、何もやっていません。納品が近くなる程、自然に生産効率が上がる、そんな体質です(笑)。

錦織)睡眠時間を確保することですね。

◆休みの日の過ごし方は?

フランチェスコ)家族と都会を離れ、自然にふれることです。

錦織)スクーリング、課題作成、猫と遊ぶ、旦那さんとおいしいごはんを食べに行くことです!

◆designと心身のバランスはとても密接かと思います。バランスを保つためのおススメな方法は?

フランチェスコ)私の場合、オフィスを出た瞬間、仕事の事を忘れ、私事モードに切り替えるようにしています!!

錦織)美味しいものを食べてよく寝ることです!

◆designに携わるにあたり無くしてはいけないモノは何だと思いますか?

フランチェスコ)モチベーションですね。

錦織)諦めない心です。

◆100年、200年残り続ける建築designを通し伝えたいことは?

フランチェスコ)デザインの良さは歴史を大切にした上で分かると思います。言い換えれば、歴史をつなぐことで建築デザインもつながっていく。それを伝えていきたいです。

錦織)端的に言えば、良いデザインは時代を問わず評価されると思います。(笑)

◆これからdesignに携わりたい、生業にしたいと考えられている方々に向けアドバイスを。

フランチェスコ)机上の勉強だけでなく、デザインは多感覚の体験です。常に目の前に起こる事に対して好奇心を持つ事と、デザインだけに限らず様々なモノやコトに幅広く興味や好奇心を持つ事を心掛けて下さい!

錦織)実際に体験することが大切だと思います!

◆自身のアピールポイントを教えて下さい!

フランチェスコ)国際的なマインドセットを持ち、更に様々な見方や考え、アイデアを組み込む事が好きなところですね。

錦織)INFP-Tタイプなところです!

 

日々のライフワークバランスを上手に保ちながら、同時にデザインの大切さを感じつつ、センスやスキルアップに努める2人。今後、世界中で2人の描いたデザインが多くの人々の目や心を潤わせていくことに是非、ご期待ください!

 

◆カンデオホテルズ京都烏丸六角

中庭
エントランス
通り土間
客室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■デザイナープロフィール

フランチェスコ・リストリ Francesco Ristori
国際デザイン事業本部 オフィス事業部 アーキテクト・デザイナー
フィレンツェ大学にて建築を学ぶ。卒業後はイタリアで住宅やリテールの設計、歴史的建造物の修復に数多く携わる。2014年の来日後はMetLife東京ガーデンテラス・オリナスタワー、HOTEL ARU KYOTO、Kosugi 3rd Avenue武蔵小杉など日本国内やアジアのオフィス、ホスピタリティー、レジデンシャル、商業施設、百貨店など幅広くプロジェクトに参加。

錦織 杏奈 Anna Nishigori
デザイン事業本部 大型デザイン課 デザイナー
英国で内装建築を学びMAを取得後、2017年GARDEに入社。京都カンデオホテル、大阪新規ホテルはコンセプト立案、基本設計、実施設計まで携わる。英国で学んだ内装建築技術を生かしホスピタリティデザインを中心に国内外問わず様々なプロジェクトに参画している。

GARDEがデザインした「カンデオホテル京都烏丸六角」、「寧波阪急」、「北京西単Joycity2F宝飾テーマゾーン」が「MUSE DESIGN AWARDS 2022」を受賞しました!

「MUSE DESIGN AWARDS」はクリエイティブとデザインのプロフェッショナルを顕彰するためにニューヨークで創設された世界でも知名度、認知度が高く広く世界に開かれたコンペティションです。

プロフェッショナルが同業他社と競い合う場を提供することで、様々なクリエイティブおよびデザイン業界における卓越性を促進することを目的とするInternational Awards Associate(IAA)によって主催されています。

IAAは、業界のプロフェッショナルで構成される審査委員会を設置することで、公平性を保ち、業界標準に基づいた評価基準を設けています。審査員の使命は、各業界の新たなベンチマークとなるような優れた才能を持つ企業や個人を探し出すことです。

 

2022年は世界中から6,000を超える応募があり、その中からGARDEがデザインをした「カンデオホテルズ京都烏丸六角」「寧波阪急」GOLD「北京西単Joycity2F宝飾テーマゾーン」SILVERを受賞しました。

 

■各物件の特徴・・・

京都市登録有形文化財である貴重な町家「旧伴家(ばんけ)住宅」を保存・修復した「カンデオホテルズ京都烏丸六角」は単に古いものを新しく、綺麗に、使いやすくするのではなく高度な次元で「完成されたデザイン」(最適解)をさらに「最適化」しました。

 

寧波阪急」は、人々が集い、心地よく過ごせるオアシスのような場所であることと、ジャパンコンテンツの発信することを柱に単に日本の伝統的文化をそのまま表現するのではなく、モダンに昇華したデザインとして取り入れました。

 

西単Joycity2F宝飾テーマゾーン」は従来のジュエリーショップのような高級感を強調した重厚感のあるクラシカルな空間ではなく、気軽に立ち寄れるカフェスペースを併設したBrandMixの空間をデザインしました。

 

「MUSE DESIGN AWARDS2022」の受賞は、我々GARDEの創意工夫やブレがなく徹底したデザイン創作への姿勢が、世界で認められた証だと考えております。

 

GARDEでは、物件デザインが完成した後も、その空間やデザインの素晴らしさを広めることを目的に、毎年国内外のアワードへのエントリーを数多く行っております。

 

・MUSE DESIGN AWARD公式サイト: https://design.museaward.com/

 

GARDEがデザインした「VMware Japanオフィス」が「iF DESIGN AWARD2022」を受賞しました!!

ドイツを拠点とする International Forum Design(工業デザイン協会)主催で1953年に設立され、デザインアワードとして世界的にも知名度が高いiF DESIGN AWARD。2022年は60ヶ国以上から10,000を超える応募が集まり、また20カ国以上から集まった132人の著名なデザイン専門家たちによってデザイン界の次の新星を発見すべく、〝IDEA″〝FORM″〝FUNCTION″〝DIFFERENTIATION″〝IMPACT″を審査基準に優れたデザインが選ばれました。

 

そんな「iF DESIGN AWARD2022」においてGARDEがデザインした「VMware Japan 」リニューアルオフィスがアワードを受賞しました。

空間デザインのコンセプトはシンプルで控えめ、クラシックでありながら、内側に豊かさや表現力、色彩を秘めた日本独自のデザイン文化である「浦勝り」からインスピレーションを受けています。来館者エリアは繊細で調和的、スタッフエリアはカラフルで表情豊かにすることでコンセプトを表現しています。

柔軟性とコラボレーションに焦点を当てることで、新しい働き方を刺激し、促進する役割につなげることに成功しました。

 

GARDEでは、物件デザインが完成した後も、その空間やデザインの素晴らしさを広めることを目的に、毎年国内外のアワードへのエントリーを数多く行っております。

 

・iF  DESIGN AWARD公式サイトhttps://ifdesign.com/en/winner-ranking/project/vmware-japan-office/348555

 

International Design Awards2021でGARDEがデザインした4物件が入賞しました!!

International Design Awards/IDAは世界各国の建築、インテリア、プロダクト、グラフィック、ファッションデザインにおいて卓越したデザインの創造者を発掘、表彰し活動を後押しすることを目的に2007年に設立されたデザインアワードです。

各業界において、15年以上の経験を持つ専門家が審査員となり、また、公平で公正な判断を行うためエントリー作品の審査はランダムで且つ匿名で行われます。

単に美しさや芸術的価値を競うアワードではなく、イノベーション(市場に向けた新たな創造の提供、もしくは既存製品やサービスの補完、改善)、機能性(使いやすさ、安全性、メンテナンスの容易さ)、人間工学(ユーザーファーストに基づいているか)、耐久性(品質と寿命)、社会への影響力(デザインによる社会的メリット)、ユーティリティ(ユーザーの目的とニーズを満たしているか)、生態学的適合性(潜在的環境及び生態学的影響が図れているか)、生産の実現可能性(生産及び大規模な使用を図ることへの技術的、経済的現実性)、感情指数/EQ(実用的目的達成及びデザイン的楽しさ、満足感)など、審査基準は幅広くまた、厳しいと言われています。

そんなIDA において2021年は「THE ME」「Gurney Food Hall」「VMware」「KL EAST MALL」の4物件がHonorable Mentionを受賞。独創性と特別感を備えた素晴らしいデザインだと認められました。

GARDEでは、物件デザインが完成した後も、その空間やデザインの素晴らしさを広めることを目的に、毎年国内外のアワードへのエントリーを数多く行っております。

 

・International Design Awards公式サイトhttps://www.idesignawards.com/

世界のリデザイン建築

2021年12月にベトナム国立ダナン大学(The  University of Da Nang)建築学部とGARDE共催で「伝統と未来/TRADITIONAL&FUTURE」と題した共催WEBセミナーを開催しました。セミナーでは日本とベトナムの伝統建築におけるリデザインやリブランディングの実績、事例をはじめポストコロナ後の建築やデザインのあり方などについて熱いプレゼンテーションが交わされました。

皆さんは「伝統と未来」と聞くと何が思い浮かびますか?文化やデザイン、形など目に見えるものが多いのではないでしょうか。もちろん、それらは伝統、未来と切っても切れない関係です。ですが、建築はじめモノ創りにおけるそれにはその時代の空気や匂い、技術、創り手の思い、希望、努力、葛藤…など様々な要素が含まれています。

また、最近では“サステナブル”や“SDGs”“環境問題”といった社会課題への配慮を盛り込み思考することも増えており、建築においては設計・施工・運用の各段階を通じた建築設計時における環境面、汎用性、持続可能性の配慮が重要視されています。

これは、これからの時代イノベーション(変革)を興しさえすれば良い、顧客を開拓しさえすれば良いという近代化が推し進めてきた「合理主義」や「ヒューマニズム」「進歩主義」「利便性」の追求が通用しなくなりつつあること、それ以前にそれが“社会の持続可能な発展のためにどの様に作用するのか”、“社会的課題をどの様な手法で解決に導くことができるのか”といったコンセプトや仕組みがモノ創りの柱になることを意味しているのではないでしょうか。

この社会課題への取り組みですが、何も今に始まったことではありません。今から遡ること200年以上前の建築にもサステナブルに通じる「環境建築」が採用されています。

そこで今回は、壮大な歴史ストーリー、過去へのオマージュが伝わる「リデザイン建築」をご紹介します。

■カンデオホテルズ京都烏丸六角(日本・京都)

2021年6月にオープンした「カンデオホテルズ京都烏丸六角」は京都市登録有形文化財である伝統的な町屋「旧伴家(ばんけ)住宅」をホテルとしてリデザイン。町家の中でも「旧伴家住宅」は、当時の趣を残す貴重な建物で、特に主室と次の間から成る座敷はともに面皮柱(めんかわばしら)を建て、面皮長押(めんかわなげし)をまわすなど数寄屋風に仕上げられており、また主室は床・棚・平書院を構え、棚の天袋・地袋の奥には池大雅(いけのたいが)の墨絵が張られているなど細部に渡り手を抜かず意匠としても優れています。その趣や魅力を最大限に生かすため、応接の間、ラウンジ、BARの畳空間はそのままに、元々あった中庭は保存し、1Fの応接の間から京町家の空間をくつろぎながら楽しめるよう細部に渡り工夫が施されています。

建物はレセプション棟、客室棟、大浴場棟の3つの棟で構成。特にレセプション棟にある応接の間、バー・ラウンジなどは基本的に畳空間を踏襲。応接の間には、京都出身の文人画家である池大雅(いけのたいが)の墨絵が描かれた襖に、和を連想させる白檀が香る玄関などでくつろぎの空間を創出。またバー空間には、格子窓から見える通り土間に配された吊り下げ照明が、お祭りで掲げられる提灯を眺めるような雰囲気を醸し出し、町屋に住む感覚を演出しています。

京都が一年で最も賑わう祇園祭の際には、ホテル正面に山鉾(浄妙山)が組み立てられるなど、身近に京都の歴史や空気を感じることができる貴重な体験型リデザイン建築です。

■旧桜宮公会堂(日本・大阪)

「旧桜宮公会堂」は、1935年に「明治天皇記念館」として建設され、戦後、1948年「桜宮公会堂」となりました。 竜山石(たつやまいし)造りの正面玄関は、1871年にイギリスの建築家、土木技師のトーマス・ウォートルス(Thomas James Waters)により建設された造幣寮(現、造幣局)の玄関を移築したもので、現存する近代建築としては日本で最も古い物の一つで国の重要文化財に指定されています。日本で最初期の本格的な西洋式の大工場群、鋳造場(ちゅうぞうじょ)のファサードでした。

因みにこのトーマス・ウォートルスですが大阪造幣寮の建築群をはじめ砂糖、紡績、洋紙などの各種洋式工場、竹橋陣営時計塔(たけばしじんえいとけいとう)、イギリス公使館の建設に従事、更には日本最初の煉瓦造りによる商店街として銀座赤れんが街を計画(赤れんが街に使う煉瓦製造のため日本初のホフマン式輪窯(わがま)が小菅(こすげ)村(現、東京都葛飾区小菅)に建設される)など幕末から明治初期の日本に最初に洋風建築を持ち込んだ重要な人物の一人です。

「桜宮公会堂」となって以降、図書館やユースアートギャラリーなど様々な用途を経て、2007(平成19)年に閉鎖されることとなります。重要文化財でありながら用途もなく放置され、古くなっていくだけの建築を救うため大阪市と民間企業により歴史的財産を有効活用プロジェクトが立ち上がることとなりました。

「歴史を感じさせる重厚感と様式美を生かしつつ、非常に現代的なデザイン感覚を取り入れた“新旧の融合”」というコンセプトのもと過去の改修工事によって覆い隠されていた装飾天井やステージ、大きなアーチ窓も78年前の竣工当時のものを復元するなどクラシック感と、新たに取り入れられた調度やデザインとのバランスを図りながら、「旧桜宮公会堂」として復活を遂げました。現在は、結婚式場というメモリアルな空間として多くの人の幸せなストーリーを作り続けています。

■ソルジャー・フィールド(アメリカ・シカゴ)

第一次世界大戦後、戦争で命を落とした人たちを偲ぶため慰霊碑や建築物が数多く建てられました。シカゴ市にあるグリーク・リバイバルのソルジャー・フィールド(1924年)もその一つです。1919年にホラバード・アンド・ロッシュが設計したこちらの建物は巨大なドーリア式のアーケードが特徴。1926年11月27日に開催された第29回アーミー・ネイビー・ゲームで正式オープンした後は1971年よりフットボールチームの「シカゴ・ベアーズ」の本拠地となりました。

2003年、シカゴを拠点とするローハン・キャプライル・ゲッシュ・アソシエイツと共同でウッド・アンド・ザパタによる改修が行われるも、実はこの改修については、今日に至るまで議論の的となっています。ついに2006年に国定歴史建造物の指定からも外されてしまいます。(ここでは、保護主義者とスポーツファン各々の考えがあるため…としておきます。)

さて、その改修内容ですが鉄筋コンクリートのシェルは残され内部には非対称の曲線を持つ鋼鉄とガラスによる設備が新たに作られた。また、西側には屋根のない座席、東側には屋内に豪華なボックス席が設けられるなど、旧式で狭苦しかった部分は取り壊すことで全体としての収容人数は減ったものの、観客席とフィールドの距離は近くなりライブ感のある空間へと生まれ変わらせることに成功しました。「レイクショアの見苦しきもの」や「アクロポリスの大惨事」などと批判的な意見もあるようですが、宇宙を感じさせる設計やデザインを擁護し高く評価する声も多くあります。その理由としては、設備が大幅に改修、更新されたことで、集客が増えチーム収入が増大、その結果シカゴ市への多大なる経済効果を生んでいるということが言えるでしょう。

由緒ある施設をファンと保護主義者両方を満足させ改修することの難しさは基より、このプロジェクトに携わった方々の努力や苦難が伝わってくるような素晴らしい建築物です。

◆出典元
https://www.candeohotels.com/ja/kyoto-rokkaku/
https://restaurant.novarese.jp/smk/
http://www.kenzai.or.jp/tanbou/240.html
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784808710828

Scroll to Top