GARDE for『ハイアット ハウス 東京 渋谷』
「多様性のまち SHIBUYA」をインテリアデザインに反映

「暮らすように滞在する」というコンセプトの元、ハイアットのホテルブランドとして誕生した「ハイアット ハウス」は、世界中に130軒以上もの拠点を構え、ワンランク上の広々とした空間で、自宅のように滞在を楽しめるホテルです。
東京初進出となる「ハイアット ハウス 東京 渋谷」は、100年に一度ともいわれる渋谷駅前の大規模再開発プロジェクトの一つ「Shibuya Sakura Stage」内に位置し、スイート18室を含む全126室の客室を備え、2024年2月26日(月)に開業します。

GARDEはホテル共用部から客室全般の基本計画、基本設計、実施設計、設計監修、アートコーデイネート、調達設置、サイン基本計画を担当させていただきました。

デザインコンセプト
最新のトレンド・カルチャーを享受できる渋谷は、東京の中でも最も多様な価値観を体感する場所である一方で、隣接した高級住宅や古き面影を残す路地や横丁という魅力も備えています。
「多様性のまち SHIBUYA」に見受けられる、この「2 面性」を体験として刻んでいただけるような空間デザインを意識しインテリアに落とし込みました。

ハイアット ハウス 東京 渋谷のハイライト
エレベーターで16階に上がると広がるレセプションロビーでは、オルゴールアートが優しい音色でゲストをお迎えします。 同フロアにあるラウンジ&Hバーは、屋外庭園を借景に、ロングカウンターとラウンジコーナーを配置。宿泊ゲストに限らず、自由にコミュニケーション、利用が可能なエリアです。
屋外庭園に面した開放的な空間の16階マルチファンクションルームは、小規模なミーティングや展示利用に適した空間として多用途にご利用頂けます。

渋谷エリアでは希少な、渋谷のまちを見下ろすことができる屋内プールはプールサイドにジャグジーを配置しました。24時間利用可能なフィットネスジムと共に、まちの喧騒の疲れを癒す上質で優雅な時間をお過ごしいただけます。

渋谷のまちの魅力を発信すべく、3 階エントランスから各客室まで展開されたアートワークもまた、空間デザインコンセプトと連動した「2面性」というテーマで造られています。
東京のトレンドをけん引する多彩なショップやレストランに囲まれ、さまざまなカルチャーが交わるこの場所に、渋谷ならではの気軽に「暮らす」滞在体験空間が完成しました。

施設概要
名称:ハイアット ハウス 東京 渋谷
所在地:東京都渋谷区桜丘町 3-3
階数:地上30階建て (1~3階、6~16階部分)
客室数:126 室
事業主:東急不動産株式会社
建築設計:戸田建設株式会社
インテリア設計:株式会社 GARDE
照明設計:株式会社ライトモーメント

ハイアット ハウスについて
短期でも長期でも滞在に必要なものが全て揃う、広々とした居住空間を求めるお客様のためにハイアットハウスのホテルは設計されています。世界中に130軒以上あるハイアット ハウスでは、自宅のようなアメニティ、意図されたサービス、現代的な空間を完備。宿泊のお客様に朝食を無料で提供するほか、バーエリアではクリエーティブな厳選メニューを用意し、仕事や交流、くつろぐ際にも快適な共有スペースを屋内や屋外に設けています。

■ハイアット ハウス
https://www.hyatt.com/ja-JP/brands/hyatt-house
■ハイアット ハウス 東京 渋谷
https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/hyatt-house-tokyo-shibuya/tyoxs

「GARDE for『ハイアット ハウス 東京 渋谷』 <br>「多様性のまち SHIBUYA」をインテリアデザインに反映」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: REGS World Topics Vol. 10: ハイアット ハウス 東京 渋谷:「サクラステージ」再開発の中心での新しい復元プロジェクトのご紹介 - REGS|Real Estate Global Service

コメントは受け付けていません。

Scroll to Top